定時後に映画館

仕事の片手間に映画の話をします。

【FEH③】ソシャゲにハマったらもうデータを全削除するしか逃げ道はない。

 

midoumairu.hatenablog.com

midoumairu.hatenablog.com

 

映画そっちのけでゲームの記事を書いていたのだが、それも今回で最後にしたい。

ファイアーエムブレムヒーローズにハマり、そして一瞬で飽きたと思ったのだが、またハマってしまった話をする。

そして、無理矢理やめた話を。

 

永遠にゴールがないなぁと思い、果てしない道のりを歩むことをやめたと思ったのが前回までのあらすじ。

しかし、やっぱり一度インストールし、そこそこプレイしただけあって、FEHの情報が気になって仕方がない。ガチャイベントが始まればそりゃログインしてしまうし、ピックアップユニットの性能を調べてしまう。

そうやって芋づる式にFEHについての知識が私の中で蓄積されていく。素人思考で適当にプレイをしていた頃とは違い、様々なミッションがあること、スキル継承によりレベル40になってもユニットがさらに強くなること、私はFEHの奥深さを知ってしまった。

 

結果、またハマりだす。ゴールが見えないとか言っていた頃の僕を返してほしい。

中途半端に強ユニットが手元に揃っているせいで、どんどん高難易度のミッションにチャレンジしたくなる。

そしてさらに強いユニットを揃え、縛鎖の迷宮を難なくクリアできるようなチームを作り出したくなる。そのためにはオーブを大量に集め、強いユニットをガチャで引き当てなければいけない。オーブが集まるミッションは・・・。

 

ドツボである。蟻地獄のようだ。抜け出せないサイクルに陥っている。

 

ゴールが見えなかったのは、ゲームのことをよく分からず、手元にある道具の価値に気づけていなかったからだ。自らの力に気づき、果てしない道のりであろうとも、一歩進んだら何か得るものがあると気付いてしまったら、人は歩き出せてしまう。

そういう状態になってしまっていた。次のミッションへ、次のミッションへと自ら目標を作り出せるゲーマーになってしまっていたのだ。

 

この1週間、通勤時間は全てFEHに費やした。

帰宅してからもスタミナを消費しようと必死になってミッションをクリアした(戦渦の連戦の最上級レベルだとスタミナ20消費で5だったか6だったかのステージをこなせてしまうので、だいぶ時間を食うのだ)。

眠りが浅くなり、仕事の効率が明らかに落ちた。

 

脳が小さな目標を達成していく快楽に溺れていた。そして、FEHに脳が消費される分だけ、リアルの生活に割く心のエネルギーが減っていく。

味気なく、ぼんやりした日々。通勤時間の読書も、帰ってからの映画も、捨てた。

私の趣味と唯一言い切れる読書と、映画を。

 

平日が終わった。今週も頑張ったなあとリビングのソファに寝転がり、スマートフォンを弄り始める。そして、異様に電池が減っていること、そして家に帰るまでにスマホを弄りすぎていること、その理由はFEHであることに、ようやく気付く。

明日から3連休だ。実は私には一切予定がない。久々に自分だけの時間を楽しもうとしていたのだ。

私は恐怖した。このままでは、FEHだけをしている休日になる。

14もあるスタミナ回復薬が麻薬に見えた。こんなにスタミナ回復されたら、いつまでも闘い続けることが出来てしまう。

 

私はもうやめようと誓った。そして、辞めるためには、FEHにおける自らの可能性を捨てるしかない。中途半端に実績を残してしまえば、また何かの拍子にゲームを起動してしまうだろう。

何かをやめるときには、徹底的に続けようとする意志を粉砕するために、ありとあらゆる手段で希望を排除しなければならない。

 

ゲームにおける最大の希望とは、やりがいとは、成果とは。

そう、セーブデータである。

 

私はセーブデータを削除することに決めた。

一度消してしまおうと決めたら、あっけないものだ。数回タップするだけで、すべてのデータが消えてしまう。

f:id:midoumairu:20171102222726p:plain

 

さようなら、原作と同じく異様な強さで無双してくれた総選挙アイク。

さようなら、よく分からないけど強いと評判だった★5ラインハルト

さようなら、やはり原作同様の強さを誇っていた★5ターナ

さようなら、ifの公式サイト見るたびに中央にいたから中途半端に顔見知りな気分だった舞踏祭アクア

 

もう二度と会えないけれど、出来ることならば、ハマるにしても終わりのある原作の方で誰かと会えたら嬉しい。

さようなら。