定時後に映画館

仕事の片手間に映画の話をします。

【モアナと伝説の海】先輩プリンセスをいじる「ヒロイン映画」(感想:ほぼネタバレなし)

モアナと伝説の海を見てきた。

www.disney.co.jp

私はウォルトディズニーアニメーションスタジオ長編作品を「白雪姫」から「ズートピア」まで現在DVD入手が難しい「トード氏」以外はすべて見ている。一応ファンだ。

 

「モアナと伝説の海」は「アナと雪の女王」以来の、人間の女性が主役の所謂「ディズニープリンセス※」作品なので、楽しみにしていた。が、結果としてどちらかというと冒険にワクワクするような、方向性としては「トレジャープラネット」や「アトランティス」に近しいアドベンチャームービーだったので、良い意味で予想を裏切られた。

 「ディズニープリンセス」の王道を崩していくスタイルが非常に気に入ったので、そこに焦点を当てて感想を書きたい。

 

ディズニープリンセスの定義は色々あるみたいだけれど、以下のまとめ記事に挙げられたヒロインたちをプリンセスと認識して僕は記事を書いている。

matome.naver.jp

なお、現在の日本版のディズニープリンセス公式ページには、白雪姫、シンデレラ、オーロラ姫、アリエル、ベル、ジャスミンラプンツェルが名を連ねている。商業的に大成功しているアナとエルサがいないのが意外。

王子様と正当なラブストーリーを展開し、結婚するオチになる女性というのが共通点、かな。それだと「プリンセスと魔法のキス」のティアナがカウントされていないのがちょっと不可解だけど、知名度の問題かしら。

www.disney.co.jp

そう考えると・・・モアナが「ディズニープリンセス」に当たるかどうかは・・・うーむ。今後の展開に期待。

プリンセスというより、ヒロイン(ややネタバレ)

本作の監督はジョン・マスカー氏とロン・クレメンツ氏。彼らのコンビで作られたディズニー映画は多く、ディズニープリンセスものだと「リトルマーメイド」、「アラジン」、「プリンセスと魔法のキス」。ググって初めて知ったのだけれど、「トレジャープラネット」も彼らのコンビが監督を務めている(大好きな映画だ)。

名作プリンセス映画を作ってきた彼らが、モアナという新ヒロインを通じて描きたかったものとは・・・?と期待するじゃないですか。

いやはや残念、モアナは従来のディズニープリンセスとは一線を画している。

彼女は「プリンセス」というよりも、「ヒロイン」だ。世界を救う冒険者であり、主人公。勇敢に自分の夢や使命を胸に抱き、大海原に繰り出す強き女性。王子様はいない。いるのは強靭な肉体の相棒。

そう、前述したが、映画としての方向性は「アラジン」や「リトルマーメード」よりも「トレジャープラネット」に近い。

それもそのはず。各種マスコミで報道されているから知っている人が多いと思うけど、彼らは「マウイ」という神から着想を得て、この映画の製作に乗り出した。

お調子者でかつてのヒーロー、自信過剰。ガタイが良くて、戦闘シーンが映える映える。そんなマウイとモアナにロマンスが生まれると思うか?皆、思っているか?

ネタバレしてしまうと、ロマンスは生まれない。彼らに生まれるのは恋とか男女としての愛ではなく、冒険を通じて築かれる絆である。そういう映画として割り切ってみると良い。まぁこのトレーラーを見て、ロマンス期待している人はいないだろう。


映画『モアナと伝説の海』日本版予告編

これこそ本当の「美女と野獣」だ。美女・・・ではあるが、まあ表現としては「おてんば娘と野獣」ぐらいが無難だろう。そんな感じの映画だ。

モアナとマウイの掛け合い、戦闘描写を楽しむアドベンチャー(ネタバレなし)

ではこの映画の魅力は?どちらかというと、男の子的な視点で楽しめる良さが多かった気がする。

1.モアナVSマウイ コメディ的な駆け引き

女性が主人公、リトルマーメイドとアラジンの監督・・・視聴者が期待するのは、ディズニープリンセスの王道だ。その期待を逆手に取った、面白い駆け引きがちりばめられている。

細かい内容はネタバレしてしまうと楽しみを奪ってしまうのでやめておくが、「ディズニープリンセスなら~、でもお前は違って~」的ないじりがガンガン入ってくる。ファンであればニヤニヤしてしまうこと間違いなしだ。

個人的に好きなシーンは、マウイが「吐くぞ」と言ったところ。ディズニープリンセスが好きな人なら絶対わかるから、見てほしい。

 

なお、その他にも致命的に頭が悪い鳥「ヘイヘイ」、マウイの入れ墨の「ミニマウイ?」(正式名称はしらん)、感情を持っている海との掛け合いがあり、くすっと笑えるシーンがたくさんある。ここは流石ディズニー映画。

2.戦闘描写

冒険ものなので、戦闘描写がちりばめられている。大きく分けて3シーン。白兵戦×1、大ボス×2なのだが、どちらも力が入っていてガンガン動くもんだから楽しくてしょうがなかった。

なお、モアナもマウイも戦闘映えする特殊能力を持っているので、それがなお良い。

 

<モアナ>

身体能力がそこそこ高く、ちょこまか動き回るアクロバティックな動きが得意。

海を自在に操ることが出来る(正確には協力を仰ぐ、だが)

 

<マウイ>

巨大な体格から繰り出されるパワフルなアクション。

釣り針があれば、任意の動物に変身することが出来る。

 

2人の主人公の役割分担がなされていて、それぞれにこんな特殊能力がある・・・戦闘が面白くないわけない!

海の上を、海中を、自在に滑る様に動くモアナが!巨大な敵を相手に、ハエになって近づき、くじらになって攻撃をぶち込むマウイが!

バトル映画としてしっかりと役割を持てる、視覚的に最高な作品だった。

エンドロールも必見

ディズニー映画といったら、エンドロールの後のおまけ映像。こちらもディズニープリンセスを弄っている内容なので、楽しみにしててほしい。

なお、僕はぼーっとしてたので見逃してしまったが、エンドロールの後半に「シュガーラッシュ」のラルフが絵として出てきた気がするのだけど、もしかしたら他のディズニー作品のキャラクターも現れていたかもしれない。目を見張って最後まで楽しんでほしい(この作品に携わった人がどれだけ多いかよくわかる長さだった)。